その3 キャンプインストラクターの資格を取得しました。


 2002年春、1泊2日の合宿に2回参加し、念願のキャンプインストラクター
の資格を取得しました。

 内容は炊事(ナタでのマキ割り、かまどでの火のつけ方、飯盒での炊飯)の
指導やゲーム・歌の指導、テントの張り方、プログラムの立て方、役割分担、
バードウォッチングなどの自然観察、参加者のカウンセリングなどなどです。

 長年キャンプのリーダーをやっていてちょっとは自信がありましたが、ただ単に
テントが張れる、飯が炊けるだけではダメで、子供に「指導する」技術は全然
別ものなんだとつくづく思い知りました。

 修了にはいくつか課題があります。
 まずはキャンプの定義や歴史の筆記試験。
 そしてキャンプ中における子供の前という設定の様々なテーマを与えられて
行う3分間スピーチ。ちなみに僕のテーマは「何人か途中下山者もいたが、
何とか無事に山登りを終えた参加者にひと言」でした。
 そして指導実習。僕は得意分野のキャンプファイヤーでのゲームと、「大きな
歌」の手話を覚えてみんなで歌おう、という新ネタをやりました。大人ばっかり
の前で勝手が違い、「立ち居地が悪い」「早口」などと自分では絶対に気づか
ない点をビシバシ指摘されましたが、初心に戻って謙虚に一から学ぶのは良
いもので、これから先もやって行く自信がつきました。

 そんな異なる視点を持つ新しい仲間との出会いも嬉しかったですが、なんと
小学校6年生の時に一緒にキャンプ道に足を踏み入れた友達に再会しました。
 15年たってもまだ同じ道を歩む友達がいたとは、本当に嬉しいです。

 下の認定証は、その努力の賜物です。CGで名前が「軍曹」になってますが、
ニセ物ではありません(笑)。
 


Next



TOP